土地活用で得られる利益を大きくするための方法

土地というものは所有しているだけでもメリットとデメリットの双方を抱えてしまうものといえます。デメリットを挙げるとすれば、固定資産税や相続税などといった税金がかかってしまったり、管理のためにコストがかかるということがあります。そのいっぽうで、適切な方法で利用すれば、その利用形態にみあった収益が得られる可能性があるというメリットもあります。そこで、このメリットを最大化させるような土地活用の方法を検討し、実行に移すことが重要となってきます。そうはいっても、実際にはさまざまな方法がありますので、対象となっている土地の形状、面積、立地条件、準備のための予算の上限などといったものを踏まえながらに、入念にシミュレーションをしておく必要があります。

安定感のあるマンションなどの賃貸経営

単純な土地活用の方法としては、まずはそのまま売却するか、駐車場のような簡素な設備があれば足りる用途での利用ということが考えられます。しかし、大きな収益をねらうのであれば、やはりここは積極的に建物を導入して、その建物とあいまった収益の確保を検討すべきでしょう。そうしたなかで、昔から人気の方法としては、アパートやマンション経営が挙げられます。小規模な敷地で予算の確保も難しいようであればアパートを、ある程度規模が大きく利便性の高い立地であればマンションの導入が適しています。いったん建ててしまえば入居者からの賃貸収入で安定して利益を得られるところがこの方法のすぐれたところです。もっとも、建物は建てたとしても、空室率が高いようであれば、逆に足枷となってしまいますので、入居者獲得のための募集広告やメンテナンスは不可欠となります。

商業施設などの積極開発で収益を上げる

駅前やニュータウンの中心などといった立地条件に恵まれた土地であれば、積極的にデベロッパーと提携して、デパートやショッピングモールのような商業施設や、高層のマンションなどといった施設を導入するという手段もあります。この場合、土地のオーナーとしては開発のための費用をできるだけ負担したくないということであれば、たとえば建物はデベロッパーに建てさせて、従来の土地の面積にみあった建物の区分所有権を得るなどといった、いくつかの方法が考えられますので、予算を理由にあきらめる必要はありません。土地の規模や立地条件によっては、商業施設などは不向きであるとしても、介護施設や病院などの別の用途が考えられるかもしれませんので、事前のリサーチで適当な施設形態を確認することが重要です。