土地活用で失敗しないためのポイント

田舎において空いた土地を有効に使うにはどういうことに気を付けたらよいかは誰もが考えることです。都会とは違って人口も少なく、又、少子高齢化や人口減少によって若者の数も少なくなっている現状では都心とは違った環境にあると言え取り組み方も当然違って来ます。余り検討を行わずに土地活用に乗り出すのはリスクを伴うもので真剣に取り組むべき問題でもあります。土地活用については余り多額の資金を必要とすることには最初からは取り組むべきではないということは言えそうです。つまり旨く行かなくなった時にはいつでも元の状態に戻せるような体制が大切になって来ると思われます。セミナーなどが開かれることはあっても不動産はそれぞれ立地条件が皆違うものであり、人の話を鵜呑みにしないことが大切です。中には失敗した例もよく聞かれますが田舎において土地活用で利益をあげた例もあります。

身近な例としては駐車場にする方法があります

立体駐車場は建築物の適用をうけますが平面駐車場やコインパーキングの場合には費用もそうかからず、いつでも元の状態に戻せるのでよく活用されます。コインパーキングや駐車場も土地を貸すだけという方法もあり自己資金がなくても始められることもあります。又、自分で運営する場合でも砂利を敷いたりロープを張る、あるいはアスファルト舗装を行って車止めや区割りの白線引き、料金の精算機その他を設置すれば簡単に始められます。但し、街においては若者が車を買わなくなったことや、近くに商店街やデパート、その他の施設があり競合するところがないか、必要な数などを調査する必要はあります。又、駐車スペースと前面道路幅、出入り口の状況、その他を検討する必要はあります。できれば将来の展望も含めて検討するべきではあります。

アパート経営という方法もあります

若者が少ないとか言われる現代、高齢者住宅経営という方法もありますが都会とは違って需要は余り期待できません。それは高額所得者ばかりとは限らないからです。比較的にリスクが少ない利用方法としてはアパート経営という方法があります。しかもその立地に関して田舎は都会に比較すると、より厳しい条件と考えなければなりません。できれば大きな工場や企業のあるようなところの近くの場合は需要が見込めます。鉄筋コンクリート造のマンションよりもアパートの方が資金も少なくて済み、同じ敷地の広さであってもより多くの部屋に区割りすることが出来、家賃設定も低く抑えられます。周辺に利便施設がある程度備わっていなければ用事を足すことが出来ません。そして水道工事の費用も考慮することや室内に洋式トイレやユニットバス、室内洗濯機置き場などを配備することも大切です。これらのリスクをクリアして不動産業者とのパイプも常に通じておくことでうまく行くものです。