田舎の土地活用で利益をあげる方法

土地活用をはじめる前に知っておいた方が良い事

相続などによって土地を取得した場合、ただちにその土地を利用するという機会がないことも多いものです。しかし、せっかく取得した土地をそのままにしていても、固定資産税などの税金や、除草などの管理費用がかかるだけで、すこしもメリットが生まれず、かえってやっかいな種となってしまいます。そこで、なんらかの土地活用の方法を採用して、逆に利益を生み出すように転換させることが不可欠となってきます。こうした方法にはさまざまなものがありますので、先入観をなくして、その土地の置かれている立地条件、面積や大きさ、形状などといった要素をふまえて、適切なものを採用すべきといえます。また、その際には、個人としてすべての準備をとりしきるということではなく、適当なパートナーを味方につけるということも重要となってきます。

まずはさまざまな方法があることを理解する

土地活用とひとくちにいっても、その方法にはさまざまなものがあることを、まずは理解しておかなければなりません。土地の所有権を手放さずに、他人に貸し付けることで利益を上げようとするのであれば、駐車場を整備して貸し付ける、店舗やオフィスの用地として貸し付けるといった方法が考えられます。また、貸し付ける主体が土地そのものではなく、土地の上に建物を建てて、その建物を貸し付けるという方法であれば、アパート、マンションなどの賃貸住宅やオフィスビルを経営するということも候補となります。貸し付けるのではなく、建てたマンションやビルを分譲して、その売却益を得るという方法であっても、かなりの金額になるはずです。このように、選択肢は無数にあると考えてよく、事前のシミュレーションが重要となってきます。

適当なパートナーとの連携を図る

さまざまな土地活用の方法があるなかで、たとえば青空駐車場を整備して貸し付けるという程度であれば、土地のオーナーが自前で業者に発注して整地や砕石を敷き均す作業を行い、そのまま募集をかけて経営をするということも考えられるかもしれません。しかし、マンションやオフィスビルのようなものを建てるということであれば、まずは収益率がどの程度確保できるかというリサーチからはじめて、実際の建築にあたっても、都市計画法や建築基準法などの知識をもって役所との事前協議や申請などを行わなければなりません。なによりも発注しなければならない業務が膨大で、その進行管理も容易ではありません。こうしたことから、個人ですべて行うのは困難であるため、適当なデベロッパーやコンサルタント業者などのパートナーを探して、その経験、ノウハウを生かして取り組むことがたいせつとなります。